【レビュー:2020年2月版】Parallels Desktop 15 for Macを使った感想 – Windowsのチュートリアル動画は需要あり!?

【レビュー:2020年2月版】Parallels Desktop 15 for Macを使った感想 – Windowsのチュートリアル動画は需要あり!?

 

【5ヶ月使用レビュー】Parallels Desktop for Macレビュー – Windowsユーザーは多い

 

2019年9月から使い始めたので約5ヶ月程 Parallels Desktop for Mac(Parallels) を使っています。

使用開始後2ヶ月のレビュー
【レビュー:2019年11月版】Parallels Desktop 15 for Macを使った感想 – Windowsのチュートリアル動画の作成開始 by はじめてのコンピュータ・パソコン

では、Windowsユーザーの方を対象としたチュートリアル動画を作成し始めたことを書かせて頂きましたが、その後もWindowsの方向けのチュートリアル動画を公開させて頂きました。

以下一例です。

 

AndroidタブレットとWindows関連動画(2020年3月21日現在は削除されています)
公開日:2020年1月2日
視聴回数:1,559回(2020年2月9日確認21:45時点)
視聴時間:10分2秒

 

上記の動画は、Macの方を対象としたチュートリアル動画(2020年3月21日現在は削除されています)も作成してみたのですが、こちらの動画は2020年2月9日確認21:45時点では

・視聴回数:343回(公開日:2020年1月2日)

でしたので、

1,559 ÷ 343 ≒ 4.5

ということで

・4.5倍

の視聴回数の差が出ているようです。まだ公開開始後1ヶ月程の動画ですので、今後どこまで差が開くかはわかりませんが、すごい差ですね…
Windowsユーザーの数はすごいですものね…

Macユーザーを対象としたチュートリアル動画を作成していただけでは、このように多くのパソコンユーザーの方のお役に立てるコンテンツを作ることは出来ませんでしたので、Parallels Desktop for Mac に感謝です。

実際のところでは、Parallels Desktop for Mac を使わなくてもMac標準アプリの

Boot Campe アシスタント

を使えばWindowsも使えるようです。ただし、MacとWindowsの切り替えには再起動が必要とのことでした。

 

自分の感覚として、再起動の手間が入るだけで、頭(気持ち)を切り替えるための壁が高くなってしまいます。
そのため、手間がかかるので面倒に思ってしまい、なかなか、Windowsも使ってみようという気持ちにはなれません。

ありがたいことに Parallels Desktop for Mac では、簡単にMacとWindowsを切り替えることが出来るので、ふと思い立った時に、サッとWindowsモードに入れるのでいいですね。

 

Macユーザーを混乱させたAdobe AIR framework問題(2019-2020年の年末年始)
でも、Windowsでは?

 

 

その他には、年末年始にかけてMac(macOS Catalina)ユーザーを苦しめた「はがきデザインキット2020」の 「”Adobe AIR framework”は壊れているため開ません。」問題

 

【困った…起動できない】「はがきデザインキット2020」
Macで 「”Adobe AIR framework”は壊れているため開ません。」問題を解決(動画)


視聴時間:1分45秒

 

ですが、Windows 10ではインストールまでクリア出来れば起動出来るようでしたので、この時はMacとWindowsの違いを思い知らされました…

結論的には、いざという時に困らないように、Mac・Windowsの両方の環境を使えるようにしておくとパソコンライフが充実するのではないかと思います。

 

Parallels Desktop for Macの購入はこちら
Parallels Desktop for Macの購入ページへ | Parallels

 

 

by 子供プログラマー | プログラミング入門ウェブ教室

 

 

【クーポン情報 – 25% OFF】Parallels Desktop 15 for Mac(2020年4月20日〜29日まで)