ArtLine(GitHub)の使い方:AIで人物画像・写真から線画の肖像画・塗り絵イラスト化

ArtLine(GitHub)の使い方:AIで人物画像・写真から線画の肖像画・塗り絵イラスト化

 

【動画で解説】人工知能プログラム ArtLine(GitHub)の使い方 – AIで人物画像から線画の肖像画・塗り絵イラスト化
:How to Draw Line Art – ArtLine AI Tutorial

 

 


視聴時間:5分27秒

 

vijishmadhavan/ArtLine(MIT License)| GitHub
https://github.com/vijishmadhavan/ArtLine

 

【Python/PyTorch機械学習でアート】

人の写真・画像から線画の肖像画・白黒イラストを作成できる無料AIプログラムの使い方をまとめておきました。
動画では、

・URLを使ってインターネット上の人物画像を線画化する方法例
・パソコンからアップロードした人物画像を線画化する方法例

について解説しています。
無料でこれだけの高品質の線画ができてしまうと、創作活動の幅が広がりそうですね。

 

サンプル画像1
sample1

 

サンプル画像2
sample2

 

 

アップロードした画像をArtLine(GitHub)で使う方法

 

 

Google Colaboratoryのデモでは、インターネット上の画像を使って線画を作成していますが、以下のコードを追加すると、アップロードした画像を使うことができます。

 

#アップロードした画像を使う場合
img_file = 'sample1.png' #「sample1.png」の所にアップロードした画像の名前を入力
img = PIL.Image.open(img_file).convert("RGB")
img_t = T.ToTensor()(img)
img_fast = Image(img_t)
show_image(img_fast, figsize=(8,8), interpolation='nearest');

 

コードの使い方は動画をご確認ください。

 

by 子供プログラマー | プログラミング入門ウェブ教室

 

 

日本人のための人工知能プログラマー入門講座(機械学習)

コンピュータ・プログラミング・教育関連記事