【Windows編】チャレンジタッチ2の改造手順の簡単解説(ビルド番号02.01・Android 5.1)

【Windows編】チャレンジタッチ2の改造手順の簡単解説(ビルド番号02.01・Android 5.1)

 

【Windows編】チャレンジタッチ2の改造手順の簡単解説

 

 

無事に「チャレンジタッチ2」をアンドロイド化(モデル番号:TAB-A03-BR2のチャレンジパッドに様々なアプリをインストールして使える状態)が出来ました。自分の場合はMac環境で行ってしまいましたが、Windowsの方向けにも簡単に方法をまとめておきます。
今回はroot化なしの方法の解説です。

 




 

【チャレンジタッチ2のアンドロイド化(改造)の方法手順・必要な物等 – 大まかな流れ】

 

 

タブレット情報
:ビルド番号02.01・Android 5.1・ モデル番号TAB-A03-BR2を使用 

* 時期やビルド番号・機種等の諸条件の違いにより実行出来ない場合もあるようですので、予めご了承ください。実施の際は、この動画と記事内容の限界をご理解の上、自己責任のもとでの改造をお願いいたします。

必要な物
:チャレンジタッチ2(チャレンジパッド2)・パソコン(Windows10で実施)・mini USB(片一方がチャレンジタッチに繋ぐ用のmini USB、もう一方がパソコンに繋ぐ用のUSB)

この記事を読んでくださっている方は、他の情報も参照後に、どうしても改造出来なかった方が主体かと思いますので、ADB環境の構築以外の手順は簡単な説明にしておきます。

 

 

・手順1.チャレンジタッチの初期化

 

 

今回は、初期化された状態からしか経験していませんので記載しておきます。

 

 

・手順2.ADB環境の構築

 

 

(非表示の提供元不明アプリの許可をするため。これから色々とインストールする際にこの手順が必要です)

ここの手順をクリアできると後は、比較的簡単なのではないかと思います。
パソコンに「Android SDK Platform-Tools」をダウンロードし、コマンドプロンプトでADB環境(Android Debug Bridge)を構築します。Windowsの場合もこの動画

 

【Windows編】チャレンジタッチ2
「提供元不明のアプリ」が表示されない?の解決に向けて
Android:ビルド番号02.01)| 動画

視聴時間:1分55秒

 

SDK Platform-Tools リリースノート | Android Developers
https://developer.android.com/studio/releases/platform-tools?hl=ja

* 2020年1月28日確認時点の情報では、「SDK Platform-Tools for Windows をダウンロード」をクリックしても何も反応がありませんでした。
対応方法としては、
・右上部にある「LANGUAGE」
をクリックし、
・「English」を選択
するとダウンロード出来ました。(Google Chromeのブラウザで確認)

下記の記事ページに動画で解説もしておきました。
【ADBで困った…】Android SDK Platform Toolsがダウンロード出来ないを解決

 

の操作方法で実行出来るのではないかと思います。

今回の動画撮影時点では、PCとタブレットをつなぐmini USB端子が手元になかったので、

・AndroidスマホでPCから認識されている端末のリストを確認

までの方法を解説しています。
一連の操作では「Android端末」「PC」「USBケーブル:端末とPCを接続するためのケーブル」が必要なようです。

その後、最終的に、チャレンジタッチ2の改造で使ったmini USB対応のケーブルはこちらです


エレコム USBケーブル 【miniB】 USB2.0 (USB A オス to miniB オス) ノーマル 1m ブラック U2C-M10BK

Amazon.com.jpで詳しく見てみる
エレコム USBケーブル 【miniB】 USB2.0 (USB A オス to miniB オス) ノーマル 1m ブラック U2C-M10BK

楽天市場で詳しく見てみる
「U2C-M10BK 1m」検索ページへ | 楽天市場

Yahoo!ショッピングで詳しく見てみる
「U2C-M10BK 1m」検索ページへ | Yahoo!ショッピング

 

ネット通販で購入されない場合は、家電量販店へ、チャレンジタッチを持っていき、店員さんに

このタブレットとパソコンをつなげるUSBケーブルを教えてください。

等と聞いて、実際にお店で、タブレットのmini USB端子に接続できるか確認させてもらうと安心なのではないかと思います。

 

チャレンジタッチ2の設定で

「開発者向けオプション – USBデバッグ・スリープモードにしない:ON」

の状態でmini USB経由でパソコンと接続し行います。
「開発者向けオプション」を表示させるためには

「設定 – 端末情報 – ビルド番号」

の「ビルド番号」を7回程タップすると「開発者になりました」のような表示がされます。すると、「設定 – 開発者向けオプション」が表示されます。

初めて、パソコンとチャレンジタッチをUSBで接続する場合には、以下の画面が、チャレンジタッチに表示されます。

 

USBデバッグを許可する - チャレンジタッチ2の改造例

 

USBデバッグを許可

すると、パソコンがチャレンジタッチを認識出来るようになります。

 

Android提供元不明アプリの許可方法
動画のように設定後

adb shell content update --uri content://settings/secure --where 'name=\"install_non_market_apps\"' --bind value:i:1

* 追記:Windowsの場合、上記のコードをコピー&ペーストすると、「\」をコマンドに入力しても「¥」(フォントの都合上ここの表記は横線が一本ありません。以下のコードを参照ください)に変換されます。半角英数の「\」と「¥」(フォントの都合上ここの表記は横線が一本ありません。以下のコードを参照ください)は同じ意味で扱われているようです。そのままコピー&ペーストして実行していただければと思います。
adb shell content update --uri content://settings/secure --where 'name=¥"install_non_market_apps¥"' --bind value:i:1

* contentコマンドの概要: adb shell content update –uri <URI> [–where <WHERE>]
<URI>データベースのURI名。<WHERE>項目名。–bind value:i:数値
Androidのデータ管理に使われているデータベース「コンテントプロバイダ」のデータの表示・変更を行える。今回の場合は、上記の実行コードとcontentコマンドの概要を見ていただくとわかるように「設定 – セキュリティ:提供不明のアプリ」に関してcontentコマンドで変更しているようです。

を入力し、「enter」キーを押します。

実行後も、特に何も出力されません。以下は参考までにMac環境で実行時の様子です。

 

Android提供元不明アプリの許可方法 - コマンド実行後も何も表示・出力されません チャレンジタッチ2改造手順

 

上手く出来たか不安になりましたが…
チャレンジタッチ2の「設定」のところを見てみても何も表示されない(非表示)のでわかりませんが、今まで出来なかったチャレンジタッチ2へのインストールが出来るようになります。

 

提供元不明アプリの許可に成功後の画面。表示は変わりませんが、インストール出来るようになります

 

許可しない場合は、最後の数字を「0」にするようです。確認出来た範囲では、一度チャレンジタッチ2の電源を完全にOFFにすると、再度「Android提供元不明アプリの許可」のコマンドを実行する必要がある時もあるようでした。

 

 

・手順3.Wifiをオンにする

 

 

・手順4.インターネットを閲覧出来る状態にする

 

 

「設定 – タブレット情報 – 法的情報 – オープンソースライセンス」の テキストを長押しすると検索出来るようになりました。
不思議ですね…

 

 

・手順5.APKPureをダウンロード・インストール

 

 

APKPure for Android | APKPure.com
https://apkpure.com/jp/apkpure/com.apkpure.aegon

APKPure for Androidをチャレンジパット2からインターネット検索しダウンロードする方法で出来ました。

 

APKPureをダウンロード・インストール

 

Amazonの「Amazonアプリストア専用アプリ」(Amazon_App.apk)をインストール後、Amazonアプリストアでダウンロードした「ES File Explorer File Manager」を使い、チャレンジタッチ2に挿したSDカード(APKPure for Androidが入っているSD)を通して「APKPure for Android」をインストールする方法の解説されている動画もあるようでしたが、無料で「ES File Explorer File Manager」使える範囲では出来ませんでした。

 

 

・手順6.Nova Launcherをダウンロード・インストール

 

 

チャレンジタッチ2でAPKPureを起動し、APKPure内の検索で「Nova Launcher」を検索しダウンロード・インストール。

 

Nova Launcherをダウンロード・インストール - APKPrure内の検索

 

Nova Launcherをインストール - チャレンジタッチ2の改造手順

 

Nova Launcherでは、表示画面をカスタマイズ出来ます。

 

Nova Launcherでは、表示画面をカスタマイズ - チャレンジタッチ2の改造手順

 

 

・手順7.APKPureで、チャレンジタッチに好きなアプリをインストール

 

 

色々と試してみましたが、今回の方法では、今のところGoogle PlayやYouTube等の「Google Plya開発者サービス」が必要なアプリは起動出来ないようでした。

 

Google Plya開発者サービスが必要なアプリは開けない YouTube・Google Play等 - チャレンジタッチ2の改造

 

改造時点では、LINEは使えるようでした。
LINEは、固定電話で登録出来るようです。認証番号はSMSではなく、電話の”通話による認証”(音声ガイダンス)でも取得出来るようです。

【固定電話による通話による認証の手順】
①電話番号にSMSで認証番号を送ります。→ 「OK」をタップ
②SMSが届かない場合は? → 「通話による認証」をタップ
③認証番号を電話にてお知らせします。→ 「OK」をタップ
④利用登録 → 認証番号を入力し、「次へ」をタップ

以下は、第三者通知をOFFにする一例です
⑤「アカウント新規作成」をタップ
⑥名前の入力の前に「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」をタップ
⑦友だち追加設定 → 「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」の設定をOFFにする。
⑧名前の入力(後から変更も可能) → 「登録」をタップ
⑨メールアドレス登録 → 「今はしない」をタップ

 

ただ、2019年12月に確認時点では、

LINEの推奨環境
Android版
Android 5.0以上

【重要なお知らせ】Android 4.4未満のサポートについて
2019年1月30日をもって、Google Play ストア上でのAndroid 4.4未満の端末へのLINE提供を終了しました。
※2019年3月8日をもって終了とお知らせしていましたが、変更となりました。

Android 4.4未満の端末では、2019年1月30日以降にGoogle Play ストア上でLINEを確認すると「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」と表示されます。

出典:
LINEヘルプセンター
– 利用環境について
– 【重要なお知らせ】Android 4.4未満のサポートについて
https://help.line.me/line/?lang=ja&contentId=10002433
2019年12月30日利用

の表記があるようでした。そのため、LINEの開発状況によりますが、ビルド番号02.01・Android 5.1のチャレンジタッチ2を改造する時期によっては、今後の最新バージョンのLINEを使えない可能性もあるのではないかと思います。チャレンジタッチ2のビルド番号02.01・Android 5.1を改造予定の方でLINEの利用を期待されている方は、改造前にLINEの推奨環境等を確認する等、注意してみてください。

また、ウェブブラウザのインターネット経由でYouTubeを視聴することは出来ました。
SDカードを閲覧出来るようにするには、「ファイルマネージャ」関連のアプリを入れると閲覧出来るようになりました。

 

お疲れ様でした。初めての場合、大変ですよね…
この記事を見つけてくださった方が、上手く出来ますように

子供がチャレンジタッチを辞めてしまっても、使える物は、引き続き長く大切に使いたいですものね。

 

 

【詳細解説版も公開】チャレンジタッチ2の改造手順・動画付き(Windows編)

 

【保存版】出来る!チャレンジタッチ2の改造(提供不明アプリの許可非表示に対応:ビルド番号02.01 – Windows編)by 子供プログラマー

 

上記の説明ではわかりずらい方は、詳細手順の記事と動画も公開しましたので、必要に応じて参照いただけますと幸いです。

 

【保存版】出来る!チャレンジタッチ2の改造(提供不明アプリの許可非表示に対応:ビルド番号02.01 – Windows編)

【保存版】チャレンジタッチ2の改造(ビルド番号02.01 – Windows編)(YouTube動画)

 




 

by 子供プログラマー | プログラミング入門ウェブ教室

 

出来ない…チャレンジタッチ2の改造。「提供元不明のアプリ」欄がない?を解決(ビルド番号02.01)